FC2ブログ

手作りが好き♪

主にきものリメイクや日常で起きた事など載せて行きたいと思っています。

TOP >  イタリア旅行 >  あと8日! イタリア旅行

あと8日! イタリア旅行


「ローマ」の画像検索結果


いよいよ 海外旅行の23日出発が来週になりました。

イタリア・ローマに行きます。
オードリー・ヘプバーンを気どって
「ローマの休日」となりますでしょうか!
ルンルン(((o(*゚ω゚*)o)))


決めたのは1月の末ごろです。
ブログでも少しお話していたと思います。

ツアーで行くには日が合わず、
諦めていました。
この事を長女に言いましたら、
即、航空券とホテルの手配をしてくれました。

決めたら即でないと、
卒業旅行シーズンで空港券が取りにくいのです。
海外旅行に慣れている長女なので、
いつも利用の旅行会社で
イギリスから手配をしてくれました。

一緒に行ってくれることになり、
それから、少しづつ、見学の場所など決めて行きました。

イタリアは、世界で1番、世界遺産が多い国。
49の文化遺産と4つの自然遺産に登録されています。
(2016年10月現在)

ローマにある世界遺産は見ておきたいです!

場所の紹介などをガイド本から抜粋したものを
出発するまで ここに残して行こうと思っています。


☆コロッセオ
2000年の時を経て今も威容を誇るローマ建築最大級の円形闘技場
 「コロッセオが滅びるとき、ローマは滅び、そのとき世界も滅びる。」
と言われた円形闘技場は、紀元80年ごろに完成。
約5万人収容したといわれるこの施設は、市民の娯楽のために建設し、さまざまな死闘が見世物となった。長い歴史のなかで激しい損傷を受けつつも、今も圧倒的な存在感を誇っている

☆フォロ・ロマーノ
栄華を誇った古代ローマ帝国の中枢
 コロッセオの西隣に広がる古代ローマの政治、経済、宗教の中心だったこの場所は、紀元前6世紀には既に建設が開始された。フォロとは公共広場を意味す。皇帝の凱旋パレードの際は大勢の市民が集まったというが、ローマ帝国の衰退とともに荒廃。19世紀の発掘まで忘れ去られた存在だった。


☆パラティーノの丘
 フォロロマーノの南側に広がる丘。歴代皇帝がここに宮殿(パラティウム)を建てたことからこう呼ばれる。宮殿の多くは火災などで失われたが、宮殿の遺構が残されている。


☆サンタ・マリア・イン・コスメディン教会
「真実の口」はここにある!
8世紀に教皇ハドリアヌス1世が、付近で暮らすギリシャ人のために改築した教会。
古代の井戸の蓋といわれる有名な「真実の口」は海神がモチーフになっており、柱廊の端にある。


以上が1日目の予定です。
(*´∀`*) 


スポンサーサイト



Last Modified : 2019-06-04

コメント






管理者にだけ表示を許可